リハビリテーション科

専門外来案内

リハビリテーションとは

リハビリテーション(rehabilitation)とは、re「再び」、habilitate「適合した、ふさわしい」という意味を表します。「訓練」という意味に思われがちですが、機能の回復のみではなく、障害によって身体的、社会的に不利になった方々に、その方らしい生活を取り戻せるような総合的な支援と、地域社会へ参加できるような活動の全てがリハビリテーションです。

リハビリテーション科について

当院のリハビリテーション科は、理学療法(PhysicalTherapy:PT)・作業療法(Occupational Therapy:OT)・言語聴覚療法(Speech Therapy:ST)の3部門で構成され、それぞれの専門性を生かした総合的なリハビリテーションを行っております。脳血管障害や整形疾患、神経難病など様々な疾患により機能障害が生じた方に対して、可能な限り日常生活の自立、家庭・職場復帰を目指し練習を行なっています。

一人ひとりの患者さんに対し最高3時間(必要に応じて)の質の高いリハビリテーションを提供できる体制を整えています。また、入院中は医師との合同回診や入院治療に関わる多職種(看護師、介護福祉士、薬剤師、医療相談員、管理栄養士など)との情報交換を密に行い、入院生活そのものが効率の良いリハビリテーションに繋がるようなチーム医療を実践しています。

部門紹介

脳卒中などの脳血管疾患を中心に、発症早期から退院後の生活まで関わっております。その他、運動器疾患や神経難病の理学療法も行っております。早期に日常生活に必要な能力獲得の為に、立位・歩行訓練が推奨されております。手足の運動麻痺には、電気治療器などを用いた治療が行われております。

理学療法部門

脳卒中などの脳血管疾患を中心に、発症早期から退院後の生活まで関わっております。その他、運動器疾患や神経難病の理学療法も行っております。早期に日常生活に必要な能力獲得の為に、立位・歩行訓練が推奨されております。手足の運動麻痺には、電気治療器などを用いた治療が行われております。

歩行訓練

後遺症の程度に応じ、装具や歩行器等の機器も揃えております。

装具療法
装具療法
装具療法
装具療法
免荷式歩行器
免荷式歩行器

電気治療

軽度から中等度の麻痺に対し、随意運動介助型電気刺激装置(IVES)を使用しております。

電気治療

その他

トレーニングマシン機器を使用し、体力・筋力向上を目的とした、運動療法も行っております。

その他
その他

スタッフには、認定理学療法士・3学会合同呼吸療法認定士・介護支援専門員に資格者が在籍し、学会発表も行い、更なる専門性向上を図っております。
北海道内理学療法士養成校の実習施設として学生教育を行ったり、地域の他施設の理学療法士間とのネットワークを構築し、地域に向けての活動も行っております。

作業療法部門

当院作業療法では、病気や事故により生活障害を負った方々に対しその人らしい生活を送ることができるよう様々な方面からのアプローチを実施しています。脳神経外科疾患、神経内科疾患、整形外科疾患の患者さんを対象に作業療法を展開しています。急性期病棟と回復期病棟それぞれに専門のスタッフを配置し、発症直後から生活に視点をおいたアプローチを実践しています。

生活へ

食事や着替え、入浴、トイレ、歯磨きといった生活動作全般から、調理や掃除等の家事動作まで、実際の生活場面での練習を実施し自立度向上を図ります。

【①生活動作への支援】

ご自宅を想定して段差のある部屋や練習用の浴室、座面の低いソファや布団が準備してある生活動作訓練室を設けています。生活がしやすくなるような自助具の提案や環境調整も実施しています。また、趣味活動として病前から馴染みのある活動や、時には未体験の活動を提案し、退院後も活き活きと生活できるよう支援します。

【②運動機能への支援】

関節の柔軟性や筋肉の働きに対して維持・改善を図ります。
当院では、脳神経外科疾患による片麻痺に対し、2014年より随意運動介助型電気刺激装置(IVES)を導入しています。IVESは、「①筋活動電位を読み取りそれに比例した電気刺激を出力する」、「②装着・操作が容易で家庭で毎日、長時間の使用が可能」、「③同一筋肉部位にて筋活動電位測定と電気刺激を行うので誤動作がない」という特徴があります。

  • IVESは現状の運動機能により効果や訓練内容が変わります。
【③高次脳機能への支援】

記憶や注意力、物の取り扱い等、「身体は動くのに上手く生活できない」という症状の方に対し能力の評価を実施し、「症状に合わせた生活訓練プログラムを立案し生活における課題解決と症状の改善を図ります。」

【④こころへの支援】

突然の生活障害を目の当たりにし、混乱してしまったり不安になってしまう等の状況に陥った方に対し、作業活動(塗り絵や折り紙、陶芸等)や集団活動(ゲームや体操等)を実施し、不安を和らげたり意欲の向上を図ります。

【⑤その他】

退院後も状態を保つことができるよう、ホームエクササイズや生活の注意点についてご家族やサービス担当者にお伝えしています。

言語聴覚療法部門

失語症・高次脳機能訓練

脳卒中による失語症をはじめとする高次脳機能障害の訓練を行っています。失語症検査をはじめ、多様な高次脳機能障害の訓練や評価を実施しています。

言語聴覚療法部門

嚥下機能訓練

軽度から重度までの様々な嚥下障害の方に対して訓練を行っています。当院では画像検査として嚥下造影検査(VF)や嚥下内視鏡検査(VE)も実施可能です。退院後も嚥下機能に対しての不安がある方は2泊3日程度での嚥下評価入院も行なっています。重度の嚥下障害に対応するために歯科医師との連携による軟口蓋挙上装置(Palatal Lift Prosthesis:PLP)の作成まで可能にしています。

VF場面
VF場面
VF
VF
VE
VE
PLP
PLP

その他

当院は管内で最も言語聴覚士の数が多く、機能訓練以外にも歌唱等を取り入れた集団リハビリテーション、認知症の早期発見・診断の補助として認知機能評価入院、発症後早期のリハビリテーションはもちろん、必要に応じて退院後のフォローまで行っております。

短期集中リハビリ入院

パーキンソン病などの神経疾患をはじめ、廃用症候群(金に来や関節の動きが悪くなる、体力低下など)の方、サルコペニアなどの筋力が低下した方、よく点灯するなどの運動器不安定症の方などに、2週間〜1ヶ月程度の脩x風兎したリハビリを受けて頂くための入院です。

短期集中リハビリ入院

高次脳機能評価入院(運転評価・認知症評価)

運転(よくぶつけるなど)やもの忘れが心配な方(ご家族を含む)、日課や買い物、人間関係が上手くいかなくなったと感じる方などに、評価とアドバイスをさせて頂きます。入院期間は3〜5日程度です。

高次脳機能評価入院(運転評価・認知症評価)

心臓大血管リハビリ入院・外来

心筋梗塞、狭心症、慢性心不全、心臓手術後、末梢動脈疾患などの既住がある方、または現在、治療を受けている方で、運動習慣をつけたい方、運動はしたいけれど不安な方などは、循環器医師によるサポート体制が受けられます。
安全な環運動療法のリハビリテーションを提供させて頂きます。
入院まで必要ない方は外来でのリハビリテーションも可能ですのでご相談ください。

心臓大血管リハビリ入院・外来
リハビリテーション部へ