もやもや病

もやもや病

もやもや病

もやもや病は、モヤモヤとしたもやもや血管が生じます、その血流障害で脳梗塞、血管破綻で脳出血が生じる難病であります。そのもやもや血管の負担軽減のためバイパス術が施行され、脳梗塞や脳出血の再発を予防します。
バイパス術は浅側頭動脈(こめかみに触れる頭皮を栄養する血管)を用いた直接血行再建と側頭筋(こめかみの筋肉)など用いた間接血行再建を併用したバイパス術を脳の広範囲に施行します。

直接間接血行再建術

術前(左:もやもや病患者 右:正常者)
正常と比較すると脳の血管描出がなく、モヤモヤとした細かい血管(黄)が見られる。

直接間接血行再建術

術後
浅側頭動脈が広範な脳の表面にバイパスされている(黄)。

直接間接血行再建術術後