脳梗塞

脳梗塞

脳梗塞

a) 脳梗塞発症後の急性期治療

脳の血管が閉塞し、脳梗塞に至るまでに時間を要します。
したがってその時間内に閉塞した血管の再開通を図ることにより、脳梗塞に至るのを回避する事が出来ます。当院では下記の治療を24時間、365日施行できる体制を整え、適応のある症例では積極的に行っています。

血栓溶解療法

本邦では2012年より発症後4.5時間以内の脳梗塞に対して行うことが出来る様になった点滴療法です。

血栓溶解薬投与前

片側の脳全体を栄養する脳血管(黄)の描出がないが、脳梗塞の範囲(矢印)は脳の極僅かの範囲で留まっている。

血栓溶解薬投与前
血栓溶解薬投与後

脳血管の再開通が見られ、脳梗塞の範囲(矢印)に著明な拡大はない。

血栓溶解薬投与後

血管内血栓回収療法

カテーテルを閉塞した脳血管に誘導し、カテーテルから血栓を回収します。

血栓を回収する前(左)では閉塞した血管(黄)により脳への血管が確認されません。血栓回収後は脳への血管が確認されます(左)。

血管内血栓回収療法

外科的血栓摘出術

開頭手術で閉塞した脳血管を露出させ、血栓を摘出します。

術中写真(血栓摘出前)
血管の中に黒い血栓(矢印)が透見される。

術中写真(血栓摘出前)

術中写真(血栓摘出中)
血管の中から血栓(矢印)を摘出している。

術中写真(血栓摘出中)

術中写真(血栓摘出後)
血栓を摘出したのちに、血管を縫合している。

術中写真(血栓摘出後)

b) 脳梗塞発症後の慢性期治療

脳梗塞の一部には、頭頸部の血管が狭く(狭窄)なっていたりや詰まる(閉塞)事が原因でありながら、軽症の脳梗塞で済むものが存在します。その様な症例では、脳梗塞の再発予防のために、病態に即した手術が施行されます。頚部内頚動脈狭窄症に対する治療方法は頚部内頚動脈内膜剥離術と頚部内頚動脈ステント留置術が存在します。両者には長所と短所が存在するため、病変や患者さんの状態にあわせて治療方法を選択します。

頚部内頚動脈内膜剥離術

頚部を切開し、頚部内頚動脈を露出します。
その後に血管内に存在し血管狭窄の原因となっているプラークを摘出し、血管を拡張します。
術前(左)では頚部内頚動脈に狭窄病変(矢印)が確認されるが、術後(右)は狭窄病変が消失している。

頚部内頚動脈内膜剥離術

術中写真(内頚動脈露出)
頚部内頚動脈が露出されている。(色素のついている部位は予定切開線)

術中写真(内頚動脈露出)

術中写真(プラーク摘出)
血管内のプラークを摘出している。

術中写真(プラーク摘出)

術中写真(摘出されたプラーク)

術中写真(摘出されたプラーク)

術中写真(血管閉鎖後)

術中写真(血管閉鎖後)

頚部内頚動脈ステント留置術

カテーテルを狭窄した血管に誘導し、カテーテルからステントを留置します。プラークを血管に押しつけ、血管を拡張します。

ステント挿入前
頚部内頚動脈に狭窄所見(矢印)が確認される。

ステント挿入前

ステント挿入後

ステント挿入後
脳動脈閉塞症に対する治療

徐々に脳の血管が閉塞する場合には、体の防御反応から自己バイパスを作成し脳梗塞に至らないように自衛します。しかしその自衛も限度があり、遂には脳梗塞に至ります。その様な症例では、脳梗塞が再発する可能性が高いため、その予防に浅側頭動脈(こめかみに触れる頭皮を栄養する血管)を用いてバイパス術を施行します。

内頚動脈閉塞症に対する浅側頭動脈―中大脳動脈吻合術

術前MRA(左)では内頚動脈(黄)が閉塞し確認されないが、術後MRA(右)では、浅側頭動脈(矢印)が脳の中大脳動脈にバイパスされている。

術前,術後

術中写真(浅側頭動脈―中大脳動脈吻合後)
浅側頭動脈(白矢印)が脳の中大脳動脈(黄矢印)にバイパスされている。

術中写真(浅側頭動脈―中大脳動脈吻合後)