脳動脈瘤

脳動脈瘤

脳動脈瘤

脳動脈瘤は脳血管の一部が風船のように膨らむ状態です。
膨らむ際に自覚症状はありませんが、大きくなると周囲の脳神経や脳実質に圧迫が加わり、何らかの症状を呈します。症状がなくても突然に破裂し、くも膜下出血へ至る場合があります。
破裂の危険性が高い脳動脈瘤、何らかの症状の原因となっている脳動脈瘤、くも膜下出血に至っている脳動脈瘤は治療の適応となります。

a) 脳動脈瘤の治療

脳動脈瘤に対する確立した投薬治療はないため、外科的な治療が必要となります。
その方法は開頭脳動脈瘤クリッピング術と血管内脳動脈瘤塞栓術が存在します。
両者には長所と短所が存在するため、脳動脈瘤や病態にあわせて治療方法を選択します。

開頭脳動脈瘤クリッピング術

皮膚切開を設け、頭蓋骨を外し、脳の間から脳動脈瘤に至ります。
そこで脳動脈瘤をチタン製の医療用クリップで挟み、動脈瘤内部に血液が流入しないようにします。
動脈瘤のみの遮断が困難な時は、バイパス術を併用し動脈瘤の母血管ごとクリップします。

症例1(動脈瘤クリッピング術のみで対応した症例術前)

(左)では、形が不整な動脈瘤(矢印)が確認されるが、術後(右)では複数の医療用クリップ(銀)により動脈瘤が消失している。

脳動脈瘤 脳動脈瘤クリップ後

術中写真(脳動脈瘤クリッピング前)
脳の間から動脈瘤(矢印)を露出させている。

術中写真(脳動脈瘤クリッピング前)

術中写真(脳動脈瘤クリッピング後)
医療用クリップで動脈瘤を挟んでいる。

術中写真(脳動脈瘤クリッピング後)
症例2(前腕の動脈でバイパス術を併用し対応した症例)

術前には直径30mmの動脈瘤(矢印)が確認される。

術前には直径30mmの動脈瘤(矢印)が確認される。

手術で脳動脈瘤クリッピングは困難なため、前腕の動脈でバイパスを作成(矢印)し、動脈瘤を消失させている。

脳動脈瘤クリッピングは困難なため 前腕の動脈でバイパスを作成

血管内脳動脈瘤塞栓術

鼠径部(大腿部)から血管内にカテーテルを挿入し、それを動脈瘤近傍まで誘導します。
動脈瘤の内部にカテーテルからプラチナ製の医療用コイルを充填し、動脈瘤内部に血液が流入しないようにします。医療用コイルの挿入が困難な場合には、ステントを用いて動脈瘤内に医療用コイルが挿入できるように工夫します。

術前には形が不整な動脈瘤(矢印)が確認される。

形が不整な動脈瘤

動脈瘤の内部にステント(青)を併用し、コイル(黄)を充填し、動脈瘤内部への血液の流入を防いでいる。

動脈瘤内部へのコイルを充填