病院指標

病院指標

DPC(診断分類別包括制度)とは

DPC(Diagnosis Procedure Combination)の略で、医師が決定した主病名に基づき、入院患者さんの一連の医療行為を、国で定めた1日あたりの定額の点数から入院医療費を計算する制度です。DPC対象となる患者様は保険適用患者で、一般病棟を入院された患者様を対象とします。

  • DPCの対象外
  • 自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者さん
  • その他、国で定められた項目に該当する患者さんはDPC対象外となる(24時間以内死亡など)

病院指標公開の目的

当院ではDPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、地域の皆様に情報公開を進めております。この病院指標は、数値やデータを解説化することにより、地域の皆様に当院の特徴や、急性期医療の現状を理解していただくことを目的として公開しております。

現在公開しております病院指標は、平成29年度(平成29年4月1日~平成30年3月31日)中に当院の一般病棟を退院された患者さんのデータを集計の対象として作成しております。 集計対象患者は、医科保険適用患者(公費、生活保護患者含む)で、DPC対象外患者は除いております。

病院指標(DPC)

DPC様式1、様式4などのデータを使用し下記の項目を算出しました。

【期 間】 平成29年4月から平成30年3月退院患者
ただし、自賠責や労災等は集計から除かれています。

年齢階級別退院患者数 診断群分類別患者数等(上位5位まで) 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 成人市中肺炎の重症度別患者数等 脳梗塞のICD10別患者数等 診療科別主要手術別患者数等(上位5位まで) その他(DIC、敗血症 、真菌症、手術後の合併症の発生率)

入院医療費「DPC/PDPS」導入のご案内

当院では、入院された患者さんの医療費の計算方式が、一つひとつの医療行為を積み上げて計算する従来の『出来高払い方式』からDPC/PDPS(以下DPC)『診断群分類別包括評価支払制度』による計算方式に変更となっております。
DPCは会計方式の変更だけではなく、医療の質の向上や透明化を図るために国が推進している制度で、当院もこの趣旨に沿ってDPCを実施しております。

DPC/PDPSについてのよくあるご質問

すべての患者さんがこの制度の適用となるのですか?

基本的に一般病棟に入院される全ての患者さんがDPCの対象となります。しかし、DPCで定められている診断群分類に該当しないと主治医が判断した場合はこれまでどおりの出来高算定によって医療費を請求させていただきます。
次に該当する患者さんもDPC対象外となります。

出来高算定となる場合

  • 労災・公災保険を使用する方
  • 自賠責保険を使用する方
  • 自費診療の方
  • 治験に参加される方
  • 外来診療のみの方
DPCでは病名によって医療費が変わると聞きましたが、入院途中で病名が変更になった場合はどうなるのですか?
入院当初から病名が確定されて退院まで変更がない場合はいいのですが、一部の患者さんで、入院当初には仮病名を付けて、検査などをした後で仮病名とは違う病名になる場合があります。この場合は、病名が確定した時点で入院日まで遡って確定された病名で医療費の計算をやり直します。
しかし、仮病名のまま月をまたいで入院になった場合は、すでにお支払いになった前月分の医療費を退院月で過不足の調整をさせていただくことがありますのでご了承願います。
DPCでは病名によって医療費が変わると聞きましたが、入院途中で病名が変更になった場合はどうなるのですか?
入院当初から病名が確定されて退院まで変更がない場合はいいのですが、一部の患者さんで、入院当初には仮病名を付けて、検査などをした後で仮病名とは違う病名になる場合があります。この場合は、病名が確定した時点で入院日まで遡って確定された病名で医療費の計算をやり直します。
しかし、仮病名のまま月をまたいで入院になった場合は、すでにお支払いになった前月分の医療費を退院月で過不足の調整をさせていただくことがありますのでご了承願います。
入院医療費のお支払いはどう変わりますか?
入院医療費のお支払いは従来と同様に1階会計窓口にてお支払いしていただけます。月1回の月末締め定期請求と退院時に請求書を発行させていただいております。
医療費は高くなるのですか?
DPC診断群分類によって、従来の出来高算定よりも高くなる場合や安くなる場合があります。また、入院日数によっても、1日当たりの医療費が変わる仕組みになっています。DPCでは入院される病名や治療内容、入院日数によって医療費が変わりますので、以前同じ病名で入院されていても、全て出来高算定で計算していた時の医療費とDPCで計算した医療費を単純に比較出来ない場合がありますので、ご了承願います。
高額療養費の取扱いはどうなるのですか?
高額療養費制度の取扱いに関しては、これまでと変わりありません。
DPCになっても診療は今までと同じように受けることができるのでしょうか?
当院での医療および診療方針は今までとまったく変わりありません。変わるのは、入院患者さんの医療費の計算方法が変更になり、厚生労働省により決められた診断群分類に基づく包括評価により医療費が計算されるということです。従って、計算方法が変更になっただけで、治療及び診療方針が変わるわけではありません。DPCは、医療の標準化を進めて高品質の医療を提供することが目的です。当院では、地域の脳卒中センター病院として皆さまに質の高い医療をご提供できるように、また、地域医療との連携を図りながら、皆さまに安心して医療を受けていただけるよう努力してまいります。